TOPに戻る
自己紹介
おしごと
墓標
凸マニア
オパール
ズーダラ
リンク
掲示板
注)ここは私の
個人的な漫画の
感想を載せている
コーナーです。
作家さん、出版社とは
一切関係が
ありません。
 

↑ここを押すと
このページの
上の方に
戻れます。
 
 
 
 
 

漫画バカ・その5
大島弓子先生


前のページに戻る


次のページに進む

 

読もうと思ったきっかけは、やっぱり
「ちび猫」が有名で、漫画バカたるもの、
抑えておかねば・・・というのがきっかけ
だったと思います。
(やっぱり小学4〜5年生の頃です)

そして2巻から先に見つけたので、
こういうのは気持ち悪いけど仕方なく
2巻から読んだのでした。
だからちび猫と時雄の出逢いとかは後で
知ったのです。お母さんも最初から猫好き
じゃなかったり、ビックリでした。

そうそう、当時LaLaで連載されていたので
その頃から買う様になっていました。

あの頃のLaLaは豪華だったーーー。
(今は雑誌を読んでないので、知らないの)

その後、大島弓子センセーの漫画はほとんど
買って持っている気になっていたが
(古本屋で、昔の文庫漫画とかを買ったりして)
やっぱり凄く古いのはなかなか手に入らないね。
きっと読んでないのもあるだろうなぁ・・・。

サバの話は大島センセーの日常も分かる気が
して、楽しくて好きだった。サバはああ見えて
メスだったのね。最初オスだと思いました。
(グーグーだって猫である、にサバの最期が
描かれていて切ないです。)

タイトルが出てこないんだけど、好きなお話は
隣に住む大学生のお兄さんが、トミコの宿題を
手伝ってくれる話。あのお兄さんは良かった〜!

あと「バナナブレットのプディング」も好き。
何で好きかというと、イラが自分が狂ってしまう
かも知れないというと、あのお兄さんが
「気分が落ち着くよ」と言ってミルクを渡すと
話す最後の方のシーンが好きなのです。

大島センセーの漫画は、すごく「宇宙」だ〜!
と思います。人の心の宇宙というのかなぁ。
深いっつーのかなぁ・・・。
不思議な世界だよねぇ。こんな世界もあるのか

と思わされる様な・・・。

読んだ後、自分の狭かった世界が広がる様な
気がします。

きっとこの先集めるなら「大島弓子選集」を
集めた方がいいのかな?
コミックスで買うと、同じ話が収録されてる事も
あるからね。

大島弓子先生の漫画で持っているもの

・鳥のように
・海にいるのは・・・
・雨の音がきこえる (小学館文庫) 
・全て緑になる日まで (大島弓子選集6)
・ほうせんか・ぱん (大島弓子選集4)
・罪と罰より
  ロジオンロマーヌイチラスコーリニコフ
 (サンコミックス)
・バナナブレットのプディング 全2巻(集英社)
・綿の国星 1〜7巻 (花とゆめコミックス)
・水枕羽枕
・草冠の姫
・四月怪談 (朝日ソノラマ)
・さようなら女達 (小学館)
・シンジラレネーション (サンコミックス)
・ダイエット
・大きな耳と長いしっぽ
・毎日が夏休み
・すばらしき昼食
・つるばらつるばら
・秋日子かく語りき
・(サバタイム)
・ロストハウス
・グーグーだって猫である 1〜2巻
 (角川書店)